労働問題について真剣に考えることが大切である

法律 労働

労働問題について真剣に考えることが大切である

労働問題について真剣に考えることが大切である

テレビのニュース番組で労働問題について放送している番組をよく見かけます。
特に最近では学生のブラックバイトに関して時間をかけて特集を組んでいる場合が多く、驚くほど酷い労働の実態を知ることが出来ます。
テレビで放送しているのは氷山の一角でもっと酷いバイトもあると思いますが、学生はあまり法律に詳しくないので何かおかしくても店長等に言い返せない場合が多いのです。
そういった弱みに付け込んでやりたい放題大学生を利用している会社が沢山あるのです。
大学生は卒業したらどこかの企業に就職しますが、よくブラックバイトであるのが辞めたら就職に不利になるという脅し文句です。
このようなことを言われたら将来のことを考えて全く休みを取らせてもらえなくても辞められずに泣き寝入りしてしまうケースが多いのです。
ですから大学生はこのようなブラックバイトについては他人事と考えず、もしこのようなことを言われたらどう対処するかを真剣に考える必要があります。