離婚をする時と法律のこと

法律 離婚

離婚をする時と法律のこと

離婚をする時と法律のこと

離婚をする場合に大切になるのは、いかに法律にそって話し合いを上手く進めるのかということです。
特に夫婦のどちらか一方が別れることを強硬に拒んでいるような場合には、法の手続きに基づいて厳粛に手続きを進めることが不可欠になります。
どちらか一方が別れを拒んでいる場合であっても、離婚に責任の方は別れを拒むことができないというのが法の原則的な方針です。
このような責任のある方を有責者といいます。
例えば別れることの原因が相手の不倫にある場合には、不倫をした相手の方が有責者となります。
また家庭内暴力が原因で別れる場合には暴力を振るった方が有責者になります。
これらの有責者がいくら強硬に別れることを拒んだとしても、法律はそれを許さないというのが原則的な考えです。
責任があることがしっかりと証明されれば、相手が拒んでいても別れることができます。
この時、法律などに詳しくない人は弁護士の力を借りればよりスムーズに別れられます。